2019.10.24

高血圧対策

血圧がチョコレートで改善!?その効果と注意点とは

血圧がチョコレートで改善!?その効果と注意点とは

チョコレートに含まれるポリフェノールには、血圧を下げる効果がある。しかし、甘いものは健康面での不安がともなう。

今回はチョコレートの血圧を下げる効果や、食べる時の注意点などを紹介していく。

1. チョコレートは血圧を下げるのか?

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、血圧を下げる効果があることがわかっている。
一般的に血圧上昇は、血管壁の炎症など血管が狭くなることで発症する。
カカオポリフェノールには、炎症を軽減させる作用があり、狭くなっていた血管が広がることで血液の流れが改善し、血圧が下がる。
「チョコレート摂取による健康機能に関する実証研究」によると、カカオ分72%のチョコレートを1日25g食べると、一ヶ月後に最高血圧・最低血圧ともに低下した結果が得られている。
特に高血圧の人は、正常血圧の人より血圧の低下量が大きく、より効果的に作用することがわかった。
また、この実験ではチョコレートを食べ続けていても、肥満度の指標であるBMIや体重に変化は見られなかった。
その他にも、悪玉・善玉コレステロールのバランスを整えることが確認され、動脈硬化の予防にもつながると期待されている。

2.血圧が改善する適量はどれくらいか?

前章で紹介した実証実験で、血圧の改善が確認されたチョコレートの摂取のポイントは以下の通りである。

・高カカオチョコレート(カカオ分70%以上)
・1日25g程度
・4週間以上食べ続ける

また、チョコレートを食べる時は、少しずつ分けて食べるほうが、体内の血中ポリフェノール濃度が安定するといわれている。
そのため、朝、夕の1日2回に分けるなど、食べ方に工夫をするとより効果が期待できる。

3.注意点はチョコレートのカロリー

血圧が下がる効果が期待できるからといって、チョコレートを大量に食べれば良いというわけではない。
ヨーロッパでも1日100gのチョコレートを食べる実験が行われたが、その際にメリットがある事は認められたものの、カロリーが高すぎる点が問題となった。
市販のチョコレートは、食べ過ぎると糖質やカロリーの過剰摂取につながる。チョコレートに良い健康効果があるとはいえ、食べ過ぎは肥満などの悪影響をもたらす。
そのため、カカオ70%以上のものや砂糖・糖質ゼロのチョコレートを選び、食べる前後に運動を取り入れるといった対策が必要である。
規則正しい生活習慣、バランスの取れた食生活、塩分を抑えた食事、適度な運動など、日ごろの生活を見直し、健康な体づくりを行うことが、高血圧などの生活習慣病の予防には大切である。

4.まとめ

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには血圧を下げる作用がある。血管が炎症などで血管が狭くなると血圧が上がる原因となるが、カカオポリフェノールが血管の炎症抑え、血管を広げる作用を持つためである。
血圧を改善するためには、カカオ分70%以上のチョコレートを毎日25g程度、1ヶ月以上食べ続けること。高カカオチョコレートであれば、糖質量も少なく、血糖値を上げにくいため、生活習慣病の予防にも役立つ。
一方、一般的な甘いチョコレートは、食べ過ぎると、糖質やカロリーの過剰摂取につながってしまうので注意が必要だ。
また、チョコレートは一度に食べるのではなく、1日2回などに分けて食べるほうがおすすめだ。血中のポリフェノール濃度が安定するため、より良い効果が期待できる。