2021.02.16

健康食

高齢者向け宅配弁当の賢い選び方

高齢者向け宅配弁当の賢い選び方

宅配弁当は、調理の手間もなく簡単においしいご飯が食べられるため、高齢者にも人気な食事である。

高齢者になると食事作りがおっくうになり、いつも同じもので済ませるなど簡単なものに偏りがちだ。健康で長生きするためにも栄養バランスの良い食事をとりたい。

そこで今回は、高齢者に合った宅配弁当の賢い選び方をご紹介する。

1.高齢者用の宅配弁当は4つのポイントを押さえて選ぼう

調理の手間もなく、簡単に美味しく食べられる宅配弁当。どの宅配サービスを選んだらよいか決めかねているなら、次の4つのポイントをみて選ぶのがおすすめだ。

・体の状態にあった食事のタイプ

・栄養バランスが取れている

・ラクに調理できる

・注文単位や価格などの条件が合う

高齢になると生活習慣病や誤嚥のリスクを抱える人も多いため、まずは塩分や糖分の量に問題がないか、食べやすい形状をしているかを見ることが大切だ。

そして、健康のための栄養バランス、調理の簡単さ、注文方式や価格をみていくとライフスタイルに適した宅配弁当を見つけることができる。次章で詳しく解説する。

2.高齢者向け宅配弁当の選び方

高齢者向けの宅配弁当の選び方を具体的にご説明しよう。

体の状態にあった食事のタイプ

宅配弁当には、「普通食」「栄養価コントロール食」「介護食」などがある。食欲があり、特に食事や体調に不自由がない方は普通食でも大丈夫だが、糖尿病や高血圧などでカロリーや塩分制限がある場合は栄養価コントロール食を選ぶ必要がある。

また、嚥下力が落ちている人にはムース食やソフト食で作られた介護食もあるので、食べる人の健康状態に合わせて選ぶことをおすすめする。

栄養バランスがとれている

高齢者が特に気を付けたいのが低栄養にならないことだ。さまざまな食材をバランスよく、しっかりした量で食べられる人はよいが、年齢とともに食が細くなった人、偏った食事を続けている人は低栄養状態になりやすい。

医師や管理栄養士が監修した、栄養バランスがきちんととれるお弁当かどうか、チェックしておこう。

ラクに調理ができる

宅配弁当は常温、冷蔵、冷凍の3つのタイプがある。要介護や認知症の方は、湯せんやレンジの使用に危険がともなうので常温の弁当が良いが、元気な方には温かい食事が食べられて保存も利く、冷蔵や冷凍の宅配弁当がおすすめだ。

特にレンジで温めるタイプだと、鍋を用意する手間もなく火傷の心配もない。

例えば、タイヘイの冷凍弁当はレンジで数分チンすれば、すぐに食べられる。弁当ケースに入っているタイプを選べば、洗いものも出ないためさらに手軽に食事ができる。

注文単位や価格などの条件があう

宅配弁当のサービスは数多くあり、条件も様々である。1回ずつ注文するタイプや定期便タイプ、入会金を必要とするタイプ、1食500~1,000円と内容や価格帯の幅は広い。無理なく美味しく続けられるように、料金や配送日、コースなどを確認しておこう。

ちなみに、タイヘイでは入会金がなく、1回ずつの注文と定期便、主食付きと惣菜のみなど色々な選択肢があり、全国配送対応も行っている。

3.高齢者におすすめ!タイヘイの宅配弁当

タイヘイの宅配弁当は管理栄養士が考案し、医師が監修している商品もあり、高齢者のさまざまな健康状態に配慮しているおすすめの宅配弁当である。シニア世代に特に勧めたいお弁当を2つ紹介しよう。

健康志向の人に「ヘルシー御膳」

野菜を100g以上使用し、塩分やエネルギーにも配慮したタイヘイの「ヘルシー御膳」は、嚙む力・飲み込む力を維持している健康な高齢者向けの弁当である。

彩りもよく、食物繊維もしっかりとれるため満足感があり、栄養を取りながらバランスよく食べられるため、カロリーコントロールを気にする健康志向の方にもおすすめしたい。

ヘルシー御膳の詳細はこちら

高齢者でも食べやすい「ソフト御膳」

咀嚼が難しく、飲み込みにくい症状がある方は、タイヘイの「ソフト御膳」がおすすめだ。

タイヘイのソフト御膳は、「やわらか(ソフト食)」と「ムース(ムース食)」の2種類があるので、ご家族の状態に合わせて選べる。また、普通食と同じように見た目が美しく整えられているので食欲もわきやすい。

ソフト御膳の詳細はこちら

4.満足いく宅配弁当を選ぶためのコツ

弁当宅配サービスを行っている会社は多く、どこを選べばいいか迷ってしまうこともあるだろう。

最後に、満足度の高い宅配弁当を見つけるコツを紹介しよう。

求める条件の優先順位を決める

宅配サービス会社をどこにするか迷った場合、どんな条件やサービスを優先して選ぶべきか、あらかじめ決めておくと迷いにくい。

持病があるのであれば、主治医の指示にあった内容のもの。その他、食材の安全性、見た目の華やかさなど、食べる人が食事に何を求めるのか確認しておくと選びやすい。

時間をかけて情報収集する

高齢者の食事は生活の楽しみとなっていることも多い。気軽に決めるのではなく、複数のWebサイトをチェックし、資料を取り寄せるなどして、いろいろなお弁当を比較しながらじっくり時間をかけて選んでほしい。

初回割引キャンペーンを活用する

ほとんどの会社が初回注文で割引するキャンペーンを行っているので、それを活用して食べ比べしてみるのもよいだろう。味や見た目の好み、温めの手間など実際に体験しないと分からないことも多い。

5.まとめ

高齢者用の宅配弁当は、食事能力や体の状態にあったものを選ぶことが大切だ。

認知症や要介護であれば解凍不要の常温のタイプが適しているが、健康な方なら保存がきき、出来たてが食べられる冷蔵や冷凍タイプが良いだろう。電子レンジで手軽に用意できるものだと喜ばれる。

また、高血圧や糖尿病など生活習慣病の持病があれば、かかりつけ医の指示のもとカロリーコントロール食や塩分調整食の弁当を探す必要がある。管理栄養士や医師が監修した宅配弁当から適したものを選ぶと安心である。

どの宅配弁当サービスが良いか悩んだときは、自分の中の優先度合いや割引キャンペーンを利用した食べ比べなどが参考になる。時間をかけてじっくり検討し、良い宅配弁当を見つけよう。

タイヘイの宅配弁当一覧はこちら

【参考サイト】

https://gohan.soudan-anshin.com/cont/choose-delivery-service/

https://www.familyset.jp/Page/Case002.aspx

https://www.familyset.jp/Form/Product/healthygozen.aspx?bid=familyset

https://www.familyset.jp/Form/Product/softgozen.aspx?bid=familyset

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food-summaries/e-02